保湿ならヒアルロン酸よりプロテオグリカンの方が良い

保湿ならヒアルロン酸よりプロテオグリカンの方が良い

保湿ならヒアルロン酸よりプロテオグリカンの方が良い

 

年齢と共に減ってしまうのが肌の保湿成分です。
肌は少しずつ保水力が低下してしまうため、年々肌の乾燥やシワ、たるみ、シミのようなトラブルも起こってしまいます。

 

保湿と言えばヒアルロン酸が挙げられますが、化粧品として使っても実はあまり効果を感じられないという人も少なくはありません。その理由はヒアルロン酸の分子の大きさにあります。肌へ塗る化粧品としてヒアルロン酸を使っても、保湿成分を必要としている角層のような肌の奥へはあまり浸透しません。つまり肌表面は潤っていても、肌奥へと浸透しないため洗い流してしまえば効果がほとんど残っていないということになってしまいます。

 

サプリメントや食品から摂るほうが効率は良いですが、ヒアルロン酸は肌だけではなく関節など他の部分にも使われてしまうため、肌への効果を感じづらいのです。

 

保湿ならプロテオグリカン

 

1日しっかりと潤った肌を求めるのなら、プロテオグリカンです。プロテオグリカンはヒアルロン酸よりも分量が小さいのでより肌奥へと浸透しやすく保湿力も持続します。その保湿力はヒアルロン酸の1.3倍と言われています。時間が経過しても潤いを維持することが出来るのがプロテオグリカンです。

 

また使い続ける効果としては、プロテオグリカンは年齢と共に長くなりがちなターンオーバーを改善します。ターンオーバーが改善することで加齢により起こりがちな肌トラブルの予防にも期待できます。

 

相乗効果を期待するプロテオグリカン

 

プロテオグリカンのメリットはその保湿力の高さだけではありません。プロテオグリカンは年齢と共に生成量が減ってしまうコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けてくれます。肌内部を保湿するのがプロテオグリカンですが、コラーゲンやヒアルロン酸が生成されることで肌内部からハリや弾力を作り出すことが出来ます。

 

若くて肌内部の潤いは十分なうちはヒアルロン酸でも効果を感じられますが、肌内部の保湿力が低下してきたと感じるならプロテオグリカンがより効果を感じられるようになります。