美人から学ぶ!肌を綺麗にする意識の高い習慣とは?

美人から学ぶ!肌を綺麗にする意識の高い習慣とは?

美人から学ぶ!肌を綺麗にする意識の高い習慣とは?

美人から学ぶ!肌を綺麗にする意識の高い習慣とは?
肌が綺麗な人はどんなスキンケアをしているのか?肌トラブルが多い人とは何が違うのか?まとめていきます。

 

韓国のモデルや女優の方は、肌が綺麗な方が多いですよね。

 

自分の肌と比べて、なんだか憂鬱な気分になってしまう方もいると思います。そこで、今回は韓国女性に学ぶ肌のお手入れと食生活ということで、おすすめの方法を紹介したいと思います。

 

韓国の女優やモデルが多く取り入れているとされている「4・2・4」のクレンジングと洗顔方法はご存知ですか?

 

「4・2・4」は時間を表しています。まずは、4分間、クレンジングオイルをメイクになじませます。その際はゴシゴシとこすることは厳禁です。やさしく丁寧に行うようにしましょう。クレンジングオイルはココナッツオイルやアーモンドオイルなどが多く使われています。

 

次に2分間、洗顔料をしっかりと泡立てましょう。しっかりと泡立てないままだと、肌に負担がかかります。ここでも優しくマッサージするように洗いましょう。最後に4分間、ぬるま湯でしっかりとゆすぎます。ぬるま湯は大体35度程度の温度が良いです。最後の一分程度は肌の引き締めを行うために冷水ですすぎましょう。しっかりと綺麗な状態になったら、肌をこすらないように、優しくタオルを押し当てて水分を拭きとってください。以上が「4・2・4」と呼ばれるクレンジング洗顔方法です。

 

 

また、韓国女性はキムチや高麗人参などの食材を積極的に取り入れますよね。キムチはいわずとしれた発酵食品として有名な食べ物ですし、高麗人参は漢方で使用されるほどの食材です。キムチチゲ、トッポギ、ユッケなどの辛い食材も多いため、汗をかいて代謝を高めやすいのも美肌の秘訣と呼べるでしょう。いつもの食生活の中に、このような食材やカプサイシンを積極的に取り入れると体の内側から美肌に近づくことが出来るでしょう。

 

年間を通しての美肌を維持できるように

 

美白や美肌に興味のある方ならば、春夏のみならず年間を通しての紫外線対策に気を付けていると思います。

 

実際、春夏に比べて日差しは「弱まって」はいるものの、秋や冬の陽光が日焼けやシミを起こさない、というわけでは全くありません。紫外線対策は一年中行ってしかるべき、お肌の基本ケアなのです。

 

特にこういった年間を通しての紫外線対策ケアをお勧めしたいのは、年齢肌が気になってきた大人の女性、そして敏感肌の方にむけてです。加齢によって肌の自然な新陳代謝サイクルが沈滞化し、メラニンによる色素沈着がより起こりやすくなっている大人にとっては、こういった弱めの紫外線を含む陽光であっても、大いに日焼けやシミの原因になりやすくなります。気が付いたら真冬のさなかにシミが増えていた、ということがないように気を付けましょう。

 

また、敏感肌の人も同様で、特に「乾癬」「脂漏性皮膚炎」などの皮膚疾患や、「酒さ」(赤ら顔)などの傾向がある方は、紫外線の刺激が大敵となります。陽光を完全にシャットアウトしてしまうのは現実的ではなく、また体内のトータル健康を考える上ではマイナスになるので良くないのですが、冬の間でもしっかりと紫外線のダメージ対策をするように心掛けましょう。

 

露出が少なくなる季節ですので、注意すべきは顔の肌における紫外線対策でしょう。ボンネット型のニットキャップよりも、つばのあるハットタイプの帽子のほうがおすすめです。SPF値は20〜30と弱くても構いませんので、外出前にしっかり日焼け止めをつけましょう。

 

夜眠る前には優しいクレンジングにあわせて、美白成分を含む基礎化粧品でケアを施します。むしろ、この時期にしっかりと美白の習慣をつけ、肌の新陳代謝サイクルを元気にしておくと、また春になって陽光がきつくなってきた際に、しっかりとそのダメージに耐えうる頑健さが肌に生まれます。

 

冬の間は紫外線ケアはお休み、などと油断せずに、今だからこそできる美白ケアをしっかり実践して、年間を通して美肌を維持できるように目指してみましょう。

 

 

http://office-shiroinuma.com/